どこが違う?銀行のローンと消費者金融のキャッシング

ずっと前から欲しくて仕方がなかったのです。
それは冷蔵庫です。

 

家で使っていたものはもう十五年以上前のものです。
壊れたら思い切って買おうと思っていました。

 

でもこれがなかなか壊れません。
お店に行くたびに、友人の家に行くたびにどんどん冷蔵庫が欲しくなってきたのです。

 

今最新式のものが欲しくなってきたのです。
この欲求を抑えきれませんでした。

 

だから私は買う事にしたのです。
お金はないけれど、きっと大丈夫と思ったのです。

 

そして両親に借金をしました。
冷蔵庫を買うための十五万円を借金したのです。

 

最初父はいい顔をしませんでした。
私は結婚しているし、パートもしているのです。

 

それなのにどうしてお金がないんだ、ととがめられました。
でも生活をするのが精一杯なのです。

 

だから冷蔵庫を買うお金がないのです。
だったらなぜ今、借金をしてまで冷蔵庫が欲しいのかと責められたのです。

 

でも借金をしてまでも欲しくなったのです。
このままこの古い冷蔵庫を使っていたくないのです。

 

新しいもので新たに生活をしたかったのです。
かなり渋っていた父ですが、母も説得してくれてなんとか借金をできました。

 

でも父の言い分もわかるのです。
借金をしてまで冷蔵庫が必要か、少し考えました。

 

でも冷蔵庫を買ったら、その思いは吹き飛んだのです。

 

 

借金と聞いて多くの人がイメージするのが、消費者金融業者のキャッシングや、銀行のローンです。
キャッシングやローンは、現代釈迦における代表的な借金ですが、この二つは大きく性質が異なります。

 

銀行が提供するローンというのは、住宅ローンやマイカーローンなど、使用目的があらかじめ決められている借金です。
融資を申し込めるのは住宅や自動車を購入する人のみで、実際に購入手続きを進めていなければ手続きが行えません。

 

融資したお金の支払先も、ローンを申し込んだ人ではなく、住宅や自動車の販売者に直接支払われます。
ローンを組んだ人は実際にお金を手にすることはなく、ローンを利用して購入した住宅や自動車を受け取るのみになります。

 

消費者金融の提供しているキャッシングサービスは、銀行のローンとは異なり使用目的が限定されていないフリーローンと呼ばれる借金です。
融資金も申込者に直接手渡されるため、お金の使い道について審査やチェックが行われることはありません。

 

最近では銀行も従来型のローンだけではなく、消費者金融業者が行っているようなフリーローンプランを提供しています。
俗に銀行系カードローンなどと呼ばれているのが銀行が提供するフリーローンプランであり、キャッシングと同様に利用者が自由に使途を決めることができるタイプの借金となっています。

リスク無く借金を行うコツ

リスクの無い借金、イコール利息の無い借金というのは一見実現不可能に思えますが、実はそうでもありません。
度々借金をしているという人では無理ですが、初めてお金を借りるという場合なら、比較的スムーズにそれが行えるはずです。

 

キャッシング会社の、無利息キャンペーンというものを使用してです。
いくつかのキャッシング会社では、初回限定や期間限定などと制限をつけて、無利息でお金を貸してくれるキャンペーンを行っています。

 

さすがに何ヶ月もというわけにはいきませんが、給料日前にお金を借りて、給料日になってから一括返済しようと考えているのなら、利息ゼロでの返済は容易にできるはずです。
五万円借りて五万円返す、そんな信頼の置ける友人とのやり取りのような返済を、キャッシング会社と行えるのです。

 

お金を借りるということで一番痛いのは利息の問題です。
無断からキャッシングやローンを利用しているという人は、少しでも利息負担を和らげるために、金利の低いローンを探してみたりと必死に活動しています。

 

初めてキャッシングを利用するときは、いまいち利息の怖さがわからないかもしれませんが、せっかくの機会ですので忘れず無利息のキャンペーンを利用して、リスク無く借金を行ってみましょう。

意外なこんなものも実は借金

借金というと、銀行から住宅ローンを融資してもらったり、消費者金融でキャッシングをしたりということが真っ先に思い浮かぶことです。
もちろん、これらは借金の代表格とも言える手段なのですが、普通の人が「これは借金ではないだろう」というような手段に関しても、厳密にいえば借金であることがあるのです。

 

まずは、クレジットカードでの買い物です。
クレジットカードを使ってキャッシングをすることというのは「借金だ」という認識を持っている方もいることでしょう。

 

一方で、クレジットカードでショッピングをすることに関しては、借金という認識が薄いようです。
しかし実際には、商品を買ってから口座引き落としになるまでの数十日間、クレジットカードが商品の代金を立て替えてくれているので、クレジットカード会社から借金をしていることになります。

 

また、あまりご存知ではない方も多いとは思いますが、株式投資の「信用取引」も借金です。
信用取引というのは、元手以上の取引をすることが出来るという便利なシステムなのですが、実際のところは元手以上の分は証券会社から借金をしているのです。

 

その証拠に、信用取引を行うと毎日のように利息が発生することとなります。

アコムの審査はフリーターでも通るのか?

アコムは消費者金融の中でも審査通過率が高い事が人気の理由の一つとなっています。
一般の正社員の方で、他に借り入れをした経歴が無い場合はほぼ100%確実に審査に通ると言っても過言ではないでしょう。

 

では、フリーターなどの非正規雇用者に対してはどうなのでしょうか。

 

 

結論から先に言いますと、アコムではフリーターや派遣といった方でも審査には割と楽に通ります。

 

雇用形態に関わらず毎月安定した収入(給料)を貰っている方なのであれば特に問題はないでしょう。
本人の収入にもよりますが最低でも10万円上限枠のカードを即日発行してくれるでしょう。

 

 

 

フリーターの方でも審査に通る為の条件その1は、他の消費者金融業者で借り入れをしていないという事です。
やはり他の業者で何社も借り入れをしている場合は審査の上ではマイナスになります。

 

 

 

その2に必要な条件は、勤めているアルバイト先などの勤続日数です。
これは長ければ長い程有利なのですが、逆に働き始めたばかりであったり、極端に短いと審査に通らない可能性もありますので注意が必要です。

 

もしも働き始めたばかりであった場合は前職の勤続日数はどれぐらいだったかを聞かれる事もありますので、そちらの方を長く勤めていた場合であれば考慮してくれる場合もあります。

 

 

その3は年収です。

 

アコムでは雇用形態よりも年収を軸に見るので、年収が高ければ審査に通る可能性も当然高いですが、逆に極端に低いと通る可能性も下がります。
つまり、フリーターの方であっても週に3日、4日以上と働いている方なら審査に通り、上限枠を高めに設定して貰える可能性は高いですが、週に1度や2度程度であれば厳しく設定されるのではないでしょうか。

 

総量規制の法律によって年収の三分の一を超えて借りる事は出来なくなっていますので。

 

 

 

 

更新履歴