借金をするときに特に注意しなければいけないのが、借入先の件数です。
一つのところからお金を借りているうちは借金の管理も容易ですが、借入先が複数になると途端に借金管理の手間が増えてしまい、返済日や返済金の管理が難しくなってしまいます。

 

消費者金融や銀行から借金をした場合、返済日と返済額を守ることは基本中の基本です。
ついうっかり忘れてしまった、などという言い訳は通用しません。

 

一日でも返済日が遅れたら金融事故として扱われてしまいます。
返済日を忘れないようにしておくためには銀行からの引き落としで返済するのが一番確実ですが、今度は口座にお金が入っていないというトラブルの可能性が生まれます。

 

返済方法に工夫をしたとしても、最終的に借金の返済管理は自分の責任で行わなくてはいけません。
返済可能なだけのお金があるのに、うっかりミスで金融事故を起こすようなことがあっては、洒落になりません。

 

一度でも金融事故を起こしてしまったら、その時点で借金をする資格が無いと判断されて一括返済を迫られてしまう可能性があります。
悪質だと判断されれば、ブラックリストに名前が記録されて、今後の生活に大きな影響を与えてしまう可能性があるので注意してください。